表では言えない話と毎日更新日記はこちら

【ロンドン】シャーロック・ホームズのパブで夜ご飯。

こんにちは、ブログ主の嫁です(嫁の詳細はこちらから)

元日にワーホリをしていたカナダを去り、現在ヨーロッパを旦那さんと共に周遊中です。最初の旅行した国はイギリスです。ロンドンで夜ご飯、どこにしようかなと考えている時にヒットしたのが「ザ・シャーロックホームズ」です。

ロンドンのパブ「ザ・シャーロックホームズ」

まず、シャーロック・ホームズについてですが、旦那さんは名前を聞いたことがあるだけでした。私は旅行一ヶ月前に、実写の映画をみて初めて知りました。

簡単に説明すると、イギリスの有名な推理小説に出てくる主人公が「シャーロック・ホームズ」です。そのシャーロック・ホームズの小説の舞台になったのがロンドン街なので、観光名所にもなっています。

特に有名なのが「シャーロックホームズ博物館」や、「ベーカーストリート」です。

いざ入店

黒がメインカラーのシックなパブ。まさにイギリスって感じが漂っています。

1階はパブ、2階がレストランになっていました。1階には立ち飲みをしている愉快な人達で溢れていました。今回はゆっくり座って食事がしたかったので、2階へ通してもらいました。

二階へ

階段にも映画のポスターやサインや新聞の切り抜きなどが敷き詰めて飾ってありました。

店内の廊下や階段は割と狭かったです。

店員さんが少ないので、席の用意まで時間がかかっていました。私たちは予約無しで来たので、ここで10分くらい待ちました。

クラシカルな店内

インテリアは優しい雰囲気のあるアンティークな感じで、居心地良し。

店内の装飾品もこだわりが沢山詰め込まれており、待ち時間も飽きずに、楽しく感じました。

2階は席数も多く、大人数で来ても大丈夫な広さがありました。

メニュー

ドリンクメニュー

1階がパブなので、思った2倍お酒のメニューがありました。

ビールの種類も豊富で、クラフトやラガーなどなど。ノンアルコールビールもありました。

注文したメニュー

旦那さんはエールを。私はコーラで乾杯。

・・・・ごめんなさい、レシートが無く、どちらも料理名が不明です。店員さんに写真を見せて指を指しながら注文してみてください。

This one, please.(これひとつください)

どちらも美味しく完食。ロンドンのご飯はあまり美味しくないと聞いていたので、ハズレなくて良かったです。

ホームズの部屋

1951年「ホームズ展」で展示されていた「ホームズの部屋」が移設されています。シャーロック・ホームズの愛用品が沢山展示されていました。残念ながら小窓からしか写真は撮れませんが、雰囲気を楽しむことができて良かったです。

まとめ

  • ロンドンのディナーは是非シャーロック・ホームズのパブで
  • 味良し、雰囲気良し
  • イギリスEU離脱したね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください