表では言えない話と毎日更新日記はこちら

【チェコ】プラハ空港で空港泊したら超絶快適だった話。

こんにちは、ブログ主の嫁です(嫁の詳細はこちらから)

元日にワーホリをしていたカナダを去り、現在ヨーロッパを旦那さんと共に周遊中です。イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、チェコと来て、次の国はイタリアのミラノです。

チェコ(プラハ)からイタリア(ミラノ)へ

今回は悪名高いことで知られるライアンエアーでチェコからミラノへの早朝便(7:30発)を利用。朝早くに移動するのも面倒なので、空港泊することにしました。

※ライアンエアーは事前にオンラインチェックインを自分でしなければなりません(チェックインしてないと罰金対象)

ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港(Václav Havel Airport Prague)

市内から車で30分のところに位置し、様々な国際航空が利用する大きな国際空港です。

オンラインチェックイン

どんな航空会社にもオンラインチェックインのサービスがついているはずです。ネットで調べてオンラインチェックインを事前にしませておきましょう。航空会社によっては制限時間が設けられているので注意。

保安検査

液体物やかばんの中身のチェックが行われます。プラハ空港で20時過ぎに保安検査に行きましたが、混雑することなくすんなり通過できました。

ターミナル2 C-D

今回利用しておすすめしたい場所がターミナル2に向かう途中の場所。

表示に従って進みます。

リラックスゾーン

個室のような場所も。ソファが2つあり、ミニテーブルも充電もできます。楽園のような場所で、私達はここで寝泊まりしました。競争率は低く、私達以外利用している人はいませんでした。

公式サイトに場所や利用方法など紹介があったので貼り付けておきます。

公式サイト:https://www.prg.aero/en/relaxation-zone

シャワー室(無料)への行き方

先程のリラックスゾーンを過ぎ、いろいろなお店を横にしながらターミナル2に向かって進みます。

エアポートラウンジと書かれた看板が左手に見えてくるので、階段を登ります。

ERSTE Premier Lounge

中に入ります。

ここでシャワーを借りたい旨を伝えると、タオルと鍵を貸してくれます。

※デポジットとしてお金(現金のみ)を要求されましたが、クレカしか持っていなく、もたもたしていたらスルーされました。

デポジットとは
デポジットとは、「保証金」と日本語に訳され、容器やサービスを利用する際に必要なカードなどを借りる際に支払う「預かり金」のこと。使い捨て防止の観点から導入され、一般に、発行元に返却するとその支払った額が払い戻され、破損・紛失した場合には戻ってこない場合が多い。

ー出典:wikipedia

シャワー室

一旦、ラウンジを出てラウンジの目の前にあるシャワー室へ。鍵を開けて入室。

シャワー室は2つありました。

綺麗でした、掃除が行き届いてますね。

備え付けのものは無いです。シャワーは、お湯の温度も水圧もちょうど良く、気持ちよかったです。

シャワー後

タオルと鍵を返して、終了。私は髪が乾かしたくて、ドライヤーを貸してくれないか尋ねたところ、快く貸して下さいました(ラウンジ内のシャワー室に備え付けられているドライヤー)。感謝カンゲキ雨嵐。

スッキリしたところでリラックスゾーンに行き、寝床の確保。

まとめ

今まで、色々な国で空港泊してきましたが、一番快適で過ごしやすい空港でした。是非今後利用することがある場合は参考にしてみて下さい。

イギリスのガトウィック空港に空港泊するときの注意点。 仁川国際空港 空港泊 女ひとりで仁川空港で空港泊してみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください