表では言えない話と毎日更新日記はこちら

なぜ結婚もしているのに仕事を辞めて夫婦でカナダへ?

夫婦でカナダのトロントへ

ここ最近で一番良く聞かれる質問です。

大義名分を掲げている訳ではないので、なんだか答えるのも恥ずかしいですが一応形に残しておこう。

理由は大きく分けて3つ。

  • 日本の良さをもっと知りたい
  • 価値観や文化の違う人と仲良くなりたい
  • 海外でも生きていけることを実感しておきたい

日本の良さをもっと知りたい

矛盾したようなこと言ってますが本気です。

僕は日本が大好き。

食べ物美味いしネット環境いいし、何より日本語が通じる。

便利ですね。

 

これは何事にも当てはまることだと思っているんですが、ある一つのものを評価するにはそれと比較する何かが基本的に必要です。

そしてその比較するものが多ければ多いほど、正しい評価ができるようになります。

一生同じ靴を履いて「これは世界一の靴だった」

一台の車にだけ死ぬまで乗り続けて「この車より素晴らしい車を俺は知らない」

田舎の小さな町でナンバーワンホストになって「俺よりかっこいいオスは存在しない」

…かっこいい、抱いて!

とはならないですよね。

それと同じで僕は日本が大好きだからこそ、日本以外の国で生活してみたいと思った。

と単純な動機です。

価値観や文化の違う人と仲良くなりたい

厳密に言うと仲良くなりたいというより、自分の器を大きくしたい。

同じ日本人でも「こいつとは何か合わない」ってことあると思うんです。

それは考え方や価値観が違うから。

でも世界を見回すとそんな違いがちっぽけに感じるほど、ぜんぜん違う文化の人たちがいっぱいいます。

 

僕はよくカナダで、金髪のかわいい女の人を見て、

「かわいい…!天使かよ」と思った直後に

「でもこの天使、3日くらい風呂に入ってないのか。ワンちゃん悪魔やな」

とすごく複雑な気持ちになります。

でも毎日お風呂に入ることは僕ら日本人の価値観であって、カナダや他の国で暮らす人達の常識ではないです。

それを押し付けるなんてもってのほかだと思いますし、そういった違いをスッと受け入れられるようになりたいなと。

海外でも生きていけることを実感しておきたい

将来僕が「もう嫌だ。働きたくないでござる。」となってしまったときは、物価の安いネパールかどこかでのんびりする予定。

ネパール人の年収は30万円くらいらしいから(年収ね)少しの貯金でかなり長い期間ごろごろできるなー。

という可能性のために、早いうちに海外でも生きていけるという実感が欲しかったという理由。

めざせナマケモノ。

既婚とか未婚とか蓮根とか関係ない

辛子レンコン好きです。

「結婚しているのに〜」と言われることが多いですが、僕ら夫婦からするとあんまり気にしていないこと。

結婚も何も2人はそもそも違う人間であり、ただお互いの価値観が合って一緒に過ごしていたいから一緒にいる。

というシンプルなもので、結婚しているからという理由で色々制限があるのは違うなと感じています。

仕事を辞めるのも、入職する前から4.5年働いたら辞めようと思っていたので、

いきなり思い立って来たぜカナダ!!

みたいなノリでもないです。

割と計画通りに物事が進んでる。楽しい。

まとめ

来年以降日本でやりたいこともやることも決まっているので、それまでの期間のんびりと自分の人生を歩みたいなと思っています。

カナダを拠点にして、色々旅行も行きたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください