表では言えない話と毎日更新日記はこちら

大学卒業とともにアイプチを手放した話。

はじめまして。はじめましてじゃない人もこんにちは。

このブログ主の嫁(@_5720731)です。

私の目の話

いや、誰も興味ないとか言わないで。

私は、昔から軽めの『奥二重』です。軽めというのは、皮膚が薄いという意味です。

いつからアイプチしてたの?

中3のときに、友人がアイプチをしていたので、興味本位でやってもらったのがきっかけです。

おしゃれに興味を持ち始めた頃でした。

高校時代

運動部だったので、汗をかくと落ちてしまうので、部活がないときや遊ぶ時のみ『アイプチのり』を使用していました。

そう、これこれ。

大学時代

毎日好きな洋服を着て、学校に行くようになり、どんどん可愛くなりたいという思いが強くなっていました。

なので、アイプチも毎日していました。大学時代の後半はアイテープを使っていました。

アイプチを辞めようと思ったきっかけ

就職して、医療職に就きました。

制服も決まっていたので、お洒落をする必要がなくなった時にふと思いました。

「なんでアイプチしているんだろう?」

「誰も私の二重幅に興味ないでしょ」

こう思い始めてから、アイプチをしなくなりました。

 

実際、メリットとデメリットを考えると、デメリットの方が多かったです。

メリット

  • 可愛くなった気分になる

デメリット

  • すっぴんが恥ずかしくなる
  • アイプチ経験者からみるとバレバレ
  • 皮膚が伸びる・かぶれやすい
  • 常にアイプチが取れてないか気になる
  • 人前で眠れなくなる(アイプチが見えるから)

思い返すと、皮膚弱いのによくアイプチなんてしてたよな、、と思います。

【治療日記】主婦が人生最大に手荒れした時のお話。

アイプチを辞めた後

①アイシャドウを楽しめるようになりました。

のりで隠れちゃうので、薄く塗っていたアイシャドウですが、カラーも変えることができて、メイクが楽しくなりました。

②マツエクでデカ目に。

目の形や黒目の大きさ似合わせて、マツエクを付けるようになりました。

睫毛を痛めすぎないように年に3,4回しかしませんが、顔の印象が変わるので好きです。

ビフォー・アフター

以前の目(化粧アリ)

いや、これを可愛いと思っていた自分・・・・。

この頃はカラコン、アイライン、アイプチが命でした。

現在の目(化粧アリ)

もともと人より黒目が大きいので、目に合うようなナチュラル化粧を心がけています。

今はカラコン、アイラインも無しです。

補足
ルナソルのアイシャドウはラメが細かくて、光に反射しても綺麗なのでオススメです。

まとめ

人はいつだってないものねだりなんですよね。

一重の人も、奥二重の人も、自分の顔や目を愛せますように。

一緒に自己肯定感高めていきましょう!!!

熊野筆のリップブラシが優秀な件について。 【肌断食】スキンケアを一切せずに4年経過した話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください