表では言えない話と毎日更新日記はこちら

【ミラノ】イタリア国内初のスタバへ行ってきた。

こんにちは、ブログ主の嫁です(嫁の詳細はこちらから)

元日にワーホリをしていたカナダを去り、現在ヨーロッパを旦那さんと共に周遊中です。イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、チェコと来て、次の国はイタリアのミラノへ来ました。

Starbucks Reserve Roastery

「スターバックス・リザーブ・ロースタリー」とは2014年にシアトルで初出店をした、プレミアムクラスのコーヒーのみを提供するスターバックスの次世代店舗のことです。

先月、ニューヨークのロースタリーに行きましたが、今回はロースタリー3店舗目であるミラノ店へいってきました。

現在はシアトル、上海、ミラノ、NY、東京、シカゴに6店舗あります(2020年1月現在)ロースタリーでは、店内で焙煎された特別クラスのコーヒー豆で淹れたコーヒーを提供する店舗のことです。

スターバックスリザーブロースタリー ミラノ

「世界で最も美しいスタバ」と呼ばれるほど美しい外観。

もともとは郵便局舎だったようで、その建築はヨーロッパっぽい雰囲気がでていて豪華。

内装のみの改装なので、扉はそのままみたいです。

テラス席

天井に遠赤外線ヒーターが付いています。晴れている日中は気持ちよさそうでした。

店内席

店内の席は多かったですが、ニューヨークよりは遥かに狭く、半分くらいだと感じました。一階と二階に分かれていて、二階ではお酒を使ったカクテルを提供しているそうです。

カウンター席

テーブル席以外にも、店員さんが目の前でコーヒーを入れてくれるカウンター席(メインバー)もあります。私達はそちらの席でコーヒーを飲みました。ここの席で飲める物は限られており、メニューが別であります。

注文したもの

店員さんが回ってきて、カウンターで注文を聞いてくれます。

アフォガード

トリノのジェラート職人であるアルベルト・マルケッティと考案のアイスのアフォガード。目の前でアイスが作られる過程を見る事ができます。

GRAVITAS BLEND

旦那さんが頼んだブレンドコーヒー。

二人で19.50ユーロでした。お支払いは先でも後でもどちらでも可能でした。

焙煎の様子

普段見ることのできない焙煎をする様子をみることができます。

黄緑色の可愛い色味。

豆が通るパイプが天井にあります。

細部までこだわっていてお洒落。

コーヒー豆のラベル。こんなにあるんだ〜、と感心。

スタバのアイコンのモデルである「セイレーン」の銅像。

セイレーンとは
ギリシャ神話に登場する海の怪物であるセイレーンという人魚です。地中海に浮かぶシチリア島に住むセイレーンはその歌声で船乗りたちを魅了して難破させていたそうです。

グッズ

コーヒー豆の販売もありますが、他にもミラノ限定のスタバ商品が売ってあります。

トートバッグ

使いやすそうなキャンパス生地のバッグ。

エプロン

ところどころ革で出来ており、生地もしっかりしています。なので、値段も1万円超え。ロースタリーで働いているスタッフはみんなこのエプロンでした。

自転車

水色が特徴的な「Bianchi」の自転車ですが、売られていたのは茶色。まず、自転車を売ってあることに驚きました。

セイレーンの置物

なんと4500ユーロ。

その他にも、ミラノ限定のマグカップやタンブラーがありました。サイズ展開も豊富なので、つい集めたくなります。

最後に

普段味わえないスタバを体験できる素敵な空間。イタリアのミラノへ行って際は足を運んでみて下さい。観光名所である「ドォーモ」から徒歩圏内なのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください