表では言えない話と毎日更新日記はこちら

ナイアガラのカジノでテキサスホールデムポーカーデビューしてきた

ナイアガラでのテキサスホールデムポーカー

ポーカーの勉強を少しずつ初めて、大体3ヶ月が経ちました。

悪意溢れる理由でポーカーを本格的に始めたぞ

そろそろリアルポーカーをやってみたいので平日の昼間っからナイアガラまで行ってきた。

ナイアガラにある「Casino Niagara」

トロントにあるいくつかのカジノには、ポーカールームがありません。

なのでバスに2時間乗ってナイアガラまで。

 

ナイアガラにカジノは2つありましたが、片方はポーカールーム無いって言われた。

夜だったらあるのかもしれぬ。

てことでもう一つのカジノ「Casino Niagara」へ。

ナイアガラのカジノの看板

右に行っても左に行ってもカジノ。

 

世界的に有名な大きな滝「ナイアガラの滝」を、ちらっと観ながらいざ出陣。

カジノの概要

casino niagaraの入り口

平日の昼間でも50分の待ち時間がありました。

名前を伝えてカジノ内を散歩。

 

テーブルは$1/$3と$3/$5の2種類が立ってました。

もちろん低いほうに参加。

レーキは30分に一度、ディーラーさんが交代するタイミングで$7支払い。

デビュー戦、いかに…

ナイアガラでのテキサスホールデムポーカー

何ハンドかプレイしていて、場の空気にも慣れてきてから少しずつアクションを起こしていきました。

初っ端から大物手が来なくてよかったかも。

 

ちなみに記念すべき初ハンドは「3s 7d」でした。

記念すべきゴミカスハンド。

人生初のオールイン

持ち金全部突っ込む、というオールイン、開始40分くらいのタイミングでやりました。

一緒に来た友達に「死んでもいい?」って確認して突っ込んだの思い出したら笑う。

 

ハンドはKを持ちのフロップでフラッシュドロー。

確率的には50%だったんだけど、ドキドキした。

結局1人だけ乗ってきて、勝ちました。

めっちゃ嬉しい。

トータル収支

今回のポーカーでの収支は-$100でした。

勝つ気まんまんでしたがそうは甘くないようで。

精進します。

記憶に残ったハンド

  • 6のポケットペアからのフロップ「Q67」
  • 強めに打って2人着いてきた
  • ターンで「7」フルハウス完成→スロープレイに
  • リバーでまさかの「7」→強めに打たれて撤退

全く予想していなかったリバー7落ちでテンパった。

急に自分の手が弱くなって降りてしまったけど、それまでのベッティング観ていてQ持ちいなさそうだと判断できればよかったなと反省。

まとめ

casino niagaraの換金所

思ってたより下手な人多かった印象なので、もっと勉強して定期的に通う予定。

下手なギャンブルと違って、圧倒的実力差が出るから面白い。

精進します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください