表では言えない話と毎日更新日記はこちら

カナダでシャワーの浴び方を間違え命の危険にさらされた

カナダで生活する前に知っておかないと、1回はやりがちなミスを紹介しておきます。

自分の命は自分で守ろう。

カナダのお湯事情

カナダの家庭にはそれぞれお湯を貯めるタンクがあり、この中に貯まったお湯をシャワーやキッチンで使用するシステムになっています。

日本でもオール電化の家庭などは同じシステムですね。

でもカナダでは一つの家に複数人が住むケースが多く(ホームステイやシェアハウス)、お湯がタンクから無くなることが多々あります。

シャワーを浴びる時間帯

ということは、家の人がよくシャワーを浴びる時間帯にシャワーを浴びるとお湯が出ないことが。

お湯が出ないだけなら待てば済む話なのですが、場合によってはシャワー途中にお湯が水に変わることも。

寒い時期にこれは辛い。

 

僕はさっき、身体を洗っていざ流そうと思った時に水に変わりました。

全身泡だらけなのでどうしようもありません。

絶叫しながら水を浴びてお亡くなりになりました。

ご愁傷様です。

シャワー時間をずらす

ということで、シャワーを浴びる時間帯をずらすのがポイント。

具体的には、19:00~21:00の時間を避けたほうが無難です。

特に日本人が多く住んでいる家では、時間帯をずらさないとすぐお湯がなくなります。

日本人シャワー大好きなので。

シャワーのルールがある家も

ホームステイやシェアハウスの場合、お湯が無くならないようにシャワーの制限時間が決められているところが多いようです。

もちろんお湯をバスタブに貯めることを禁止されることも多いので確認を。

まとめ

お湯が出ないと感じたら、1時間ほど待てば復活することが多いようです。

ルームメイトに迷惑をかけないように気をつけたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください